kms blog

【BBPS4】強襲兵装おすすめアセン構成



こんにちは。 けた( DOA_POA ) と言います。
自己紹介を見て頂くと筆者がどんな人物か分かりますので、ご覧いただけたら幸いです。

今回は「強襲兵装の基本となる立ち回り」「テンプレアセン」「おすすめアセン」などの紹介をしたいと思います。

今回の記事は以下のような構成になります。
強襲兵装の戦闘における立ち回り
アセン紹介 テンプレアセン
筆者が使用しているオススメアセン


「テンプレアセン」は製造できるものを多めに構成してあります。持っていないパーツは重量の近いもので代用しましょう
「筆者が使用しているアセン」はちょっと尖ってるものもあるので合う合わないが別れるかと思います。

アセンの評価項目は以下項目での5段階で行います。

・総合評価
・コア攻撃力(武器構成から見たコア攻撃火力)
・近距離戦闘(武器構成から見た近距離戦闘力)
・遠距離戦闘(武器構成から見た遠距離戦闘力 3評価なら中距離まで可、5評価なら遠距離まで可)
・耐久性能(DEF 装甲を考えた時の総合的耐久力)
・移動速度(ダッシュ値やsp回復値を基準に考えた時の移動速度)
・継戦火力(長時間戦闘に向くかどうか)


それでは早速やっていきましょう!

強襲兵装の戦闘における立ち回り

1. 主な役割


強襲兵装の基本となる役割は以下の4点です。

・プラント戦闘
・支援狩り
・防衛
・コア攻撃


基本的に優先度は以下の順番になります。

1. 防衛
2. プラント戦闘
3. 支援狩り
4. コア攻撃


コア攻撃は明らかなチャンスキルデスで勝てない時の手段となるため優先順位としては低くしてあります。

今回は最も多く行うことになるであろう「プラント戦闘」について書きたいと思います。

2. 戦闘において意識すること


基本的に強襲兵装は副武器があれば強気に、副武器が無い時は死角から攻撃が基本になります。
以下の立ち回りを意識することで火力を出してくるが生存能力の高い厄介なプレイヤーになれるかと思います。

・ロックされたらACによる高速移動で遮蔽物に隠れる。
・有利射程以外で撃ち合わない。
・リロード時は攻撃を受けないよう障害物に隠れる。
・1対多の場合引き撃ち(後退しながら敵に射撃を行う)をしながら耐久値を削りつつ遮蔽物に逃げる。
・ミリ残しや味方重火力の AN / ECM が命中している敵を優先的に狙う。
・装甲値が低い場合、正面戦闘は基本的に挑まない。
・高機動を生かし人数有利状況を作り上げる。


AC が使用できる強襲兵装ならではの立ち回りであり、強みを生かさない手はありません。

これらを意識しつつ優位な時は落ち着いてキルログを確認し「敵罠支援が撃破されてないか」「強襲や支援のリスポーンとかぶらないか」等を意識しながらコア凸も混ぜていければ非常に有効な立ち回りが可能になります。

広義の立ち回りについて以前までの記事で紹介しているため、そちらも併せてご覧ください。
初級者向け 上達のコツ
中級者向け 上達のコツ
上級者向け 上達のコツ

ここからは今までの記事で説明していないコツを少しだけ紹介します。

3. 裏取りが成功しても有効射程に入るまで射撃をしない


射撃の命中有無に関わらず自分に向けられた射撃というものは射線跡や弾丸の飛翔から気付けます。

裏がとれた場合は有効射程まで敢えて射撃をせず接近し、最大火力を叩き込むことを意識しましょう。
ここで焦って射撃をしてしまうと逃げられてしまったり、返り討ちに遭う可能性もあるので落ち着いて行動することが大切です。

本項目の主題とは異なりますが、敵の気付きを利用して遠くの敵を撃って注意を引いたり、敢えて射撃を行わずやり過ごすといったことも場合によっては有効な一打になることも覚えておき、臨機応変に動きましょう。

4. ミリ残りの敵単体防衛はベース付近まで倒さず誘導


主にコア凸時のコツになりますが、敵ベースに接近すれば大体のケースで敵防衛がリスポーンしてきます。
そういった場合で私は以下のような立ち回りを多く行います。

1. 爆発物等で防衛に来た敵機体を瀕死にする
2. ベース到達までの見込みがついたら撃破
3. コア攻撃

敵を AC でやり過ごすのではなく敢えてミリ残りで生かすことで「防衛はいるし前線プラントのリスポーンで大丈夫だ」と敵チームメンバーに誤認させる立ち回りです。
ベース到達までの sp 残量、距離に見込みがついたらミリ残りを撃破し、安全にベースインできます。

プラント戦闘における再起動対策用の敵耐久値管理と同様に、凸途中での戦闘にも耐久値管理は応用できます。
「自分がこう動いたら敵はどう思うだろうか」を想像することが何よりの武器になるかと思います。



最後にテンプレアセンやオススメアセンの紹介をしたいと思います。
絶対にこれが良い!といったものではなくこれらをベースに自分の機体を作り上げるのがボーダーブレイクの醍醐味です!
アセン構成に悩んだ人の指標になれば幸いです。

得意射程毎の武器運用方法はリンク先の武器の特性を理解して強みを押し付けるで解説しております。よければこちらもご覧ください。


テンプレアセン

5.テンプレアセン 中量



総合評価  : ★★★★★
コア攻撃力 : ★★★★★
近距離戦闘 : ★★★★★
遠距離戦闘 : ★★
耐久性能  : ★★★★
移動速度  : ★★★
継戦火力  : ★★★★★

主:DBR52-クレイト
副:ZR-ゲヴァルト
補:スパークロッド
特:AC-オーバーラップ
頭:ヤーデN5
胴:ヘヴィガードG型
腕:輝星・参式
脚:雷花・麗
詳細を見る

現環境で多く見かけるであろうアセン構成です。
「主武器火力」「副武器火力」どちらも高く、副武器が弾切れとなっても主武器火力による継戦能力が高いことが特徴です。

腕パーツに「輝星・参式」が採用されている理由としてクレイトや UK 系統は反動が大きいというものがあり、反動吸収が高い腕を用いることで高い戦果が見込めます。
距離を取られると何もできない事が多く、接敵方法が肝となるアセン構成であると言えるでしょう。
頭部パーツに射撃補正が高いものを採用することで戦闘可能距離が若干伸びます。

敵に銃口をぶつける気持ちで近づくことで全火力を叩きこむのがメインな立ち回りであるため、このアセンを基軸とした構成はやる事が明確で扱いやすく万人にオススメできるアセンとなります。

6.テンプレアセン 重量



総合評価  : ★★★★
コア攻撃力 : ★★★★★
近距離戦闘 : ★★★★★
遠距離戦闘 : ★
耐久性能  : ★★★★★
移動速度  : ★★
継戦火力  : ★★★★★

主:DBR52-クレイト
副:ZR-ゲヴァルト
補:スパークロッド
特:AC-オーバーラップ
頭:ロージーEVE
胴:ヘヴィガードG型
腕:ジーシェン・パイロン
脚:ヤーデ・マイスター
詳細を見る

中量構成より更に耐久に寄せたアセンです。

特徴として予備弾数が中量よりも多いこと、何より装甲値による圧倒的な防御性能、転倒耐性の高さを誇ります。
距離を詰める動きも装甲を頼りとしたゴリ押しも可能であり、戦闘では無類の強さとなるでしょう。

移動速度が非常に遅いため、防衛の立ち回りやミリ残しの刈り取りは難易度が高いと思ってください。

7.テンプレアセン 軽量



総合評価  : ★★★
コア攻撃力 : ★★★★
近距離戦闘 : ★★☆
遠距離戦闘 : ★★★★★
耐久性能  : ★☆
移動速度  : ★★★★
継戦火力  : ★★

主:スムレラ投射長銃・刻
副:ZR-ゲヴァルト
補:ロングスピア
特:AC-オーバーラップ
頭:ディスカス・ダート
胴:フォーミュラF型
腕:シュライクW型
脚:ソリトン・フォノン
詳細を見る

武器は近距離戦も HS ノックバックでゴリ押しできるスムレラがオススメです。装甲が低いため基本は遠距離戦の立ち回りをしつつ、必要な場面では接近し HS でキルをとることが重要です。
HS ノックバックが可能といっても装甲面の問題で正面戦闘は苦手であり、プラント戦闘であれば戦闘中の味方を横から援護する立ち回りが中心になるでしょう。
コア攻撃を軸とした陽動や時間稼ぎを中心に、エリア移動速度やダッシュ速度からくるフットワークを全力で活かすことの意識が必要になってきます。

理想を言えば「アスラ閃」や「ヤクシャ零」ですが、製造で作れるソリトンが適性もあってリーズナブルかと思います。

筆者が使用しているオススメアセン

8.筆者が使用しているオススメアセン 中量



総合評価  : ★★★★
コア攻撃力 : ★★★★★
近距離戦闘 : ★★★★
遠距離戦闘 : ★☆
耐久性能  : ★★★
移動速度  : ★★★☆
継戦火力  : ★★★★★

主:DBR52-クレイト
副:ZR-ゲヴァルト
補:スパークロッド
特:AC-オーバーラップ
頭:ヤーデ・マイスター
胴:ライノス・レギオ
腕:輝星・参式
脚:クーガーNX
詳細を見る

基本構成はテンプレ中量アセンと同じですが、ダッシュ回数やダッシュ速度を向上させたい場合にオススメのアセンです。
積極的なコア攻撃を視野に入れる場合にオススメです。

9.筆者が使用しているオススメアセン 重量



総合評価  : ★★★★
コア攻撃力 : ★★★★★
近距離戦闘 : ★★★★★
遠距離戦闘 : ★
耐久性能  : ★★★★☆
移動速度  : ★★
継戦火力  : ★★★★★

主:DBR52-クレイト
副:ZR-ゲヴァルト
補:ロングスピア
特:AC-オーバーラップ
頭:ランドバルクAT
胴:ヘヴィガードG型
腕:ジーシェン・パイロン
脚:ヤーデ・マイスター
詳細を見る

高耐久、高sp且つ最低限の射撃補正が確保できます。
重量耐性チップを必要としないことから、ダッシュ強化による中量脚に迫るダッシュ速度を確保したアセンです。

耐久値は若干下がるものの十分な値となるオススメアセンです。

10.筆者が使用しているオススメアセン 軽量



総合評価  : ★★★★
コア攻撃力 : ★★★★
近距離戦闘 : ★
遠距離戦闘 : ★★★★★
耐久性能  : ★
移動速度  : ★★★★★
継戦火力  : ★

主:電磁加速砲・速式
副:ZR-ゲヴァルト
補:スパークロッド
特:AC-オーバーラップ
頭:ディスカス・ダート
胴:ヴェクターCE
腕:アスラ・閃
脚:アスラ・閃
詳細を見る

筆者がメインで使っているアセンで、十分な sp 回復とブースト、最低限の装甲(平均-19%)を確保した軽量アセンです。

アスラ閃を超えるダッシュ速度のパーツは存在しないため機動力で負けることはありません。

正面戦闘は絶対にせず、速式の早いマガジン枯渇とゲヴァルトの切り替えで敵からの攻撃を受けないよう立ち回るアセンになります。
副武器への切り替えが頼みの綱となるため武器変更を重視したパーツになっています。

実際に使ってみると驚くほど弾切れの早いアセンです。
120秒ほど補給なしで動き回ると主武器弾数が0になるくらい継戦能力が低いため、残弾数への意識を常に持つことが大切になります。




最後までお読みいただきありがとうございます。今回の記事はいかがだったでしょうか。
閲覧してくださった方の新しい発見に繋がりましたら幸いです。

私の作成しているアセンシミュレータの twitter 共有機能から以下のタグで様々なアセン構成が投稿されております。
よければこちらもご覧いただくと構成幅が広がるかと思います。

#みんなのアセン

それではまた戦場で!





この記事が良かったと思っていただけたらお気に入り登録やSNS共有、フォロー等いただけると嬉しいです。


製作者twitter : DOA_POA

おすすめ記事:
  1. 2020年03月22日 : 【BBPS4】各パラメータの基礎知識や重要性
  2. 2020年03月06日 : 【BBPS4】副武器の対処法を考えてみる。
  3. 2020年02月22日 : 【BBPS4】上級者向け 上達のコツ
  4. 2020年02月16日 : 【BBPS4】中級者向け 上達のコツ


重量計算アセンシミュレータも公開中です。
ノックバック情報や平均装甲、SP回復速度などを自動計算して表示します。
重量計算アセンシミュレータ

コメント
お名前:
1. 2020年03月10日 06時56分 匿名希望
とても分かりやすく、いつも参考にさせていただいております。
質問なんですが、頭部装甲の重要性はわかるのですが、それ以外の部位の装甲はどのくらい重要なものなのでしょうか。
各部位の装甲に対する考え方など教えていただけたら嬉しいです。

2. 2020年03月18日 18時51分 けた
気づくのが遅れてしまい遅めの返信となってしまいました。すみません(汗

何に重点を置くかで装甲の重要度は変わってきます。
例えば正面戦闘の場合、武器を前方に構える都合上腕も被弾しやすく、頭、胴、腕が重要です。
強襲で凸を視野に入れるなら背中を撃たれることが増えるため、胴装甲が重要になってきます。
脚部の装甲は爆発物以外で攻撃を受けることは少ないため、ノックバックや爆発軽減を意識しない時は考慮する必要がありません。

現環境は爆発物が非常に強いため、軽量アセン以外であれば好みのダッシュ値に装甲を可能な限り高めたほうが安定はするかと思います。

中量〜重量アセンを組む時、私の場合以下のような要素を基軸に考えてます。
頭:どの武器までノックバックを防げるかを基準に装甲値を考える。「スムレラ刻」対策をするなら装甲29%のATやEVEが強い。
胴:爆発物の強い現環境ではDEF値の影響が非常に大きいため、多少装甲が低くてもDEF値があると数値以上に固いアセンになる。DEFはどこを撃たれても発動するため、そこを考慮する。軽量アセン以外であれば装甲10%以上は必須。
腕:正面戦闘メインとする場合5%以上は欲しい。
脚:ノックバック対策をするなら22%以上は欲しい。

プレイスタイルを教えていただけたらより詳細なアドバイスもできるかと思います!

3. 2020年03月23日 02時10分 匿名希望
お返事ありがとうございます。
まだまだ始めたばかりなので、これといったプレイスタイルは固まっていませんが、
おすすめのパーツの組み合わせ(アセンっていうんですね)を参考にしてプレイしています。

またボーダーブレイクってかなり奥が深そうですね。
「武器を前方に構える都合上腕も被弾しやすく~」とか、状況によって被弾箇所が変化するなんて
言われてみて、あぁ確かにと思いましたが、そこまで考えが及ばなかったです。

4. 2020年03月23日 15時26分 けた
新規さんでしたか!
お役に立てていたら幸いですm(_ _m)

ボダってほんとに、他のゲームには無い面白さがいっぱい詰まってますよね!
悩んだら相談していただければ可能な限り一緒に答えを見つけられればと思いますし、今後も気軽に絡んでくだされー!