kms blog

【BBPS4】上級者向け 上達のコツ



※2020/09/14 追記
ランキングで表すと以下のような区分けで考えています。

初級者帯 : 10000位 ~ 2000位
中級者帯 : 2000位 ~ 800位
上級者帯 : 800位 ~ 300位
最上位帯 : それ以上

この記事をご覧いただいた時点でのランク査定を考慮しお読みいただけますと幸いです。


こんにちは。 けた( DOA_POA ) と言います。
自己紹介を見て頂くと筆者がどんな人物か分かりますので、ご覧いただけたら幸いです。

「PS4版 BorderBreak 上達のコツ」を思いつく限りまとめていきたいと思ってます。

全4部構成の最終記事となります。
今回は上級者(~A1)ぐらいまでの方を対象とした記事となります。

今までの投稿と今後の投稿は以下のような形になりますので、自身のランク帯に合わせてお読みください。

※上位プレイヤーには物足りない内容となるかもしれません。ご注意ください。



今回は「部屋ランク上位になった時に求められること」「行動の優先順位」「まとめ」を中心に書いていきます。
ここから上に上がるには自分だけの戦いではなくチームでの戦いを意識していくことになります。それでは頑張っていきましょう!

本記事ではボーダーブレイク上級者に向け、以下の項目に触れたいと思います。

部屋ランク上位になった時に求められること
行動の優先順位
まとめ

部屋ランク上位に求められること


1. 部屋ランク上位とは


マッチング後、メンバーリストを見た時に自分がチーム内最上位ランクであることを指します。

シーズン終盤は別ですが A2 ぐらいから自分が最上位ランクの部屋が多くなってくるかと思います。
AA へ上がるにはこういったマッチでチームを勝利へ導くことが大切であり、今回はそのために意識していくべき事等を紹介していきます。

2. 自分の中での勝ちパターンを作る



自分が部屋ランク上位になると「コア凸を通せば勝てる」「守りきれば勝てる」といった漠然とした勝利イメージではなく、より詳細なイメージが必要になってきます。
勝利への道筋はある程度パターン化できるところもあり、開幕30秒〜60秒程度で敵の兵装や行動傾向は見えてくるため今回はどのパターンで攻めるかを決めることが大切となります。

私が強襲でプレイしている時によく選択する立ち回りを紹介させていただきます。

開幕は様子見 敵に見知った名前が無く、動きに想像がつかないためプラント攻防に参加しつつ敵開幕凸に備えます。敵と味方の性格が見えたらどう攻めるかを決定します。
開幕凸でのコアゲージ差確保 敵上位ランクの名前を見て凸屋や防衛麻がいない場合に開幕凸を仕掛け、リードを奪う作戦です。
早い段階でのプラント進攻とコア攻撃 開幕で第三プラントが確保できることを条件に第四プラントまでスピーディに進攻し、敵ベース攻撃でアドバンテージを奪い逃げ切ることを意識します。
ゲージ差を確保できたら敵凸と奇襲に細心の注意を払い、ミニマップ確認に思考を集中しつつプラント攻防に参加します。
敵愚凸処理によるキルデスリード 敵に2人以上の愚凸がいる場合に意識します。自分一人で守り切るぐらいの気持ちで防衛に専念し、前線人数の差からプラント進攻、一人で早期に敵愚凸を叩き続けることによるキルデス優位を狙います。愚凸が続く間は前線人数に差があるためプラントが押されることは中々ありません。
愚凸が止まったらミニマップに細心の注意を払いつつプラント攻防に参加し、前線枚数に差がつかないよう意識します。
第三プラントの正面戦闘が勝てない時のプラント奇襲 正面戦闘が完敗の場合、早期に第三プラントの奪取は諦め第四プラントの奇襲を意識します。
第四プラントで敵防衛がリスポーンし奇襲が成功しなかったとしても、敵防衛撃破するか時間を稼ぐことで敵チームの他機体に「防衛大丈夫かな?」と思わせ2体以上のリスポーンを狙います。
成功すると第二プラントへの進攻を遅らせたり、第三プラントを奪取できる可能性が生まれます。
正面戦闘で勝てないため第四プラントへの進攻は難しく、凸を通すための立ち回りを意識します。
第三プラントが無いと凸は本当に厳しいため、第三確保のためにいろいろ動く → 凸の流れで勝利を目指します。
敵コア凸が通ってしまい大きなリードをされているが第三プラントは保持している場合 第三プラントを中立化させないことを大切に、第四プラント奪取を狙います。
第四プラントが中立化出来そうなタイミングでコア凸を挟み、通せずとも時間を稼ぎ第四プラントを安定化させ、全員での総攻撃を狙います。


早めに行動指針を決めておくことで思考へ割くリソースが減少し、ミニマップ注意や戦闘へ集中できます。

上位勢の状況対応力が高いのは技量によるところも勿論ありますが、ある程度のセオリーが決まっていて思考する割合が少ないからという見方もできます。
状況に合わせて臨機応変に動くことも大切ですが、大きな目的とその過程をある程度固定して動くことで迷いを無くしてみてください。

3. ポイントを稼ごう


ここで言う「ポイントを稼ごう」はランクポイント減少を防ぐための稼ごうではなく、「勝利を目指すためのポイント」となります。
プラント戦をしつつ防衛したり、コア攻撃準備のためにプラントを攻めたり、ここまで紹介してきた勝利へ向けた動きをすることで自然とポイントは貯まるようになっています。

ポイントが稼げなかった時というのは基本的な行動が達成できていない場合が殆どです。
基本となるポイントゲットの例を紹介します。

 
DEF削り 1ptコア防衛において DEF が剥がれているかは非常に重要です。主武器で数発 DEF を削るだけで 1pt 取得できます。
中間削り 1pt~3pt+3pt 耐久を半分まででも減らせれば 3pt です。瀕死にしてリスポーン組へパスし、ベース内で誰かが倒した場合やプラント内で倒した場合防衛ポイントでさらに稼げます。
ミリ残しを逃さない 5pt トドメを刺せれば 5pt です。
深追いしない 2~4pt ミリ残しを逃してしまったとしても自分にフォーカスがきてる場合は無理せず味方に仕留めてもらえば 2~4pt 。自分は生存してその先もポイントが稼げます。
味方のサポート 2~5pt 敵強襲に絡まれてる支援を援護したり、瀕死の味方の代わりに前にでることで損傷した敵ブラストを撃破(撃破サポート)で 2pt~5pt 稼げます。
プラント踏み 2~8pt プラントを中立化させれば 2pt、踏み続ければさらに稼げます。踏んでる人数でプラントの染まる速度は早くなり、ポイントを稼げる可能性、プラントを奪取できる可能性が上がります。また、戦術敵にプラントを絶対確保したい場合もプラントが取れそうだけど敵がすぐきたら厳しそうな場合では踏むのを味方に任せ、前にでて敵機の耐久値削りをするといった立ち回りを行うことで撃破支援+プラント確保が美味しいです。
敵機陽動 1~4pt 凸屋での場合が殆どとはなりますが、敵機を陽動すれば陽動できた人数分稼げます。

敵陽動の防衛で長時間稼がれるとポイントが美味しくない状態にはなることはありますが、そうならないための援護要請チャットで迅速に処理することが大切です。
ここまでで紹介させていただいた立ち回りを駆使すればポイントは問題なく稼げると思いますので、意識していきましょう!

大切なのは死なずに稼ぎ続ける(味方の援護をし続ける)こと、防衛は迅速に対処し戦線に素早く戻ることです。
防衛を可能な限り強襲で行う理由も、「ACで防衛がしやすい」「前線に戻るまでの時間が短い」などが理由であることも覚えておいてください。

1試合は 600 秒もあります。 落ち着いて 200pt 以上を獲得できるよう頑張っていきましょう。

4. 同ランク以上のプレイヤーの兵装、武器を見て行動を最適化


基本的に両チームの最上位ランクは同じくらいの人がマッチします。

そして、基本的に部屋上位ランクプレイヤーの凸やプラント攻勢を下位ランクのメンバーで止めることは難しいのが実情です。
こういった場合役割分担を明確に意識することが大切で、自チームの上位ランクと一緒に敵チームの上位ランクの兵装も確認して立ち回ることが大切です。

例えば敵上位ランクが支援で自分が同ランク以上の強襲であれば、敵のベース防衛、奇襲防衛は下位ランクの誰かが行うと仮定します。
その場合凸、敵機陽動の成功率は期待値が大きくなります。

対面の支援からすれば前線再起、プラント進攻でのアドバンテージが得られるため、敵強襲の中間削りを意識しつつ立ち回れば安定してプラントを攻められる可能性があります。

あとは実際にどちらが相手の行動を上回るかが大きな要素となるため基本戦闘とのバランスを取りつつ相手チームの虚をつくことが勝ちに繋がります。

5. マップの特性を覚える


上位帯になったらそれぞれのマップの特性と、地形における有利不利をより強く覚えていきましょう。
主にマップの特性は以下の3分類できるかと思います。

ラインマップ 凸が防ぎやすい。キルデス戦になる傾向が強く、重火力や支援が非常に強い。
凸マップ 全体的にプラントからベースまでの距離が短く凸が通しやすい。プラントを占領されるとあっという間に逆転が起こるため全兵装が活躍しやすい。
バランスマップ マップが広かったり、プラントの配置から凸、プラント、戦闘全てのバランスが良く兵装を選ばず活躍しやすい。


基本的にマップの性格がそのまま戦略に影響しますが、ラインマップだからと凸が絶対に通せないわけではありません。
意識していただきたいのは、「序盤はセオリー通りに動く」「そのままでは勝てないと感じたら終盤180秒に入る前にセオリーを破る」ことです。

最終 180 秒に入ると BGM も変化しその時点でのリードがあると守りが固くなる傾向があります。
そうなったら逆転は不可能に近くなるため、そうなる前に「強襲は凸を狙う」「重火力は大破を優先的に狙いラインを進める」「遊撃は迷彩を活用して奇襲を狙う」「支援は対空索敵弾などを持っていれば味方凸に合わせて前線を照らす」などで勝利の可能性を作ることが大切になってきます。

セオリー通りは大切です。ですがセオリーを破ることが不利状況を打開できるということも覚えておいてください。
セオリーを破るには時間と準備が必要であるため、残り時間も意識して行動に繋げていきましょう。

6. チームを先導する


チームを先導するのは非常に重要です。

第四プラントを攻めないと勝てないのにみんな第三プラントから前に行ってくれない。」といった経験はないでしょうか。

敵を掃除して足並みを揃えたものの、先導する人がいないと誰も先へ進まないまま敵がリスポーンし振り出しに戻る場合があります。

本来であれば上位ランクがあとから前線に入ったほうが戦闘期待値としては高いものの、こういった場合は軽量アセン重量アセン問わず率先して前に出ましょう。
すぐ撃破されてしまっても味方の支援を信じましょう。

味方を信じて先導し、チャットを駆使して意思を伝えることが大切になってきます。

行動の優先順位


7. 自分の中で重きを置く行動を決める


行動の優先順位は状況に応じ、何が最も利となるか計算することが重要です。

第四プラントから自分がいなくなったら絶対に第四プラントを奪われ戦闘力の差から圧殺される。だが敵凸が逆サイドから抜けそう。追いかけるか悩む。

といった状況になったことはないでしょうか。
こういった状況の場合、DEF剥がし程度の援護は入れつつ味方を信じるしかありません。

2つ以上の選択肢を迫られた時、このゲームでは最終的にコアゲージがどう変動するかを基準に考えられます。

状況に合わせて都度何が一番最悪の未来になるかを考え、最良と思う選択肢を選んでください。

行動選択の良い例として複数枚凸の単機防衛があるため、次の項目で見ていきます。

8. 複数機同時凸が来た時の対処方法


コア凸防衛では以下の2点が最も重要となります。

1. 防衛ラインを突破されない。
2. 轢かれない。

敵の行動によってどちらに重きを置くかが変わってきます。

今回は強襲の場合を例としております。
他兵装でベース防衛をする場合も基本は変わりませんが、強襲+他兵装のような形で防衛する場合ベースの外にでるのは強襲に任せ、他兵装はベースで待ち構えるのが良いかと思います。
それでは早速見ていきます。

・散会して進んでくる場合


以下の画像のように防衛ラインに重きを置いて行動しましょう。
緑がコア、青が自分、赤が敵です。



敵が散会して進んでくる場合片方に気を取られてもう片方にベースインされた場合などは最悪のケースです。

守らなければならないラインを意識して行動し、どちらがより防衛ラインに近いかで処理優先順位を判断します。
この例であれば左側の敵から処理する形になります。

処理に手間取りもう片方がラインを抜けてきそうな場合は優先順位を入れ替えたり、場合によっては散会していた相手が轢き殺しのために援護に来る場合もあります。 ベース攻撃を受けないこと、轢かれないことを大切に立ち回る必要があります。

・同行して進んでくる場合


人数有利から敵は轢き殺し凸を狙ってくる可能性が高くなります。

この場合遠距離から確実に削りつつ、常に相手二人が見える位置取りをすることが大切です。
遠距離から副武器で削っていき、ベースに入る前に瀕死まで追い込めれば十分に対応可能です。

1対多では処理速度より撃破されないことを最優先に、次にベース攻撃を受けないように耐久値を確実に削ることを意識していきましょう。

高等テクニックにはなりますが、常に一人からしか撃たれない位置から削りを入れていくと実質単凸を2枚処理する形になり少し楽だったりします。

9. どんな時も落ち着いて行動する


初級者編から上級者編まで様々なことをお伝えしてきたのですが、一番重要なのは平常心です。

ここまででお伝えしてきた負けパターンや危険行動は「負けてる時」「一方的に攻められてる時」などでやってしまう場合が殆どです。

通常時も同じで、負け続けていると徐々に視野が狭くなり、勝利への可能性が最初に思いついた1つしか見えなくなります。
私自身も定期的に陥る失敗で、頭は常に冷やしておかなくてはなりません。

負けてる時、有効な一手を打てない時は是非一度深呼吸したり、次のマッチまで時間をおいてみてください。
そしてよければここまでの記事内容を振り返ってみてください。

落ち着いて行動すれば必ず良い方向に進みます。
基本的なことではありますが上位プレイヤーを目指すには感情の制御は必要不可欠です。
是非意識してみてください。

10. 最後に



まとめるとボーダーブレイクで大切なのは以下のような項目になります。

・強みを持つ
・弱みをカバーする動きを見つける
・撃ち合い強化等の自己研鑽
・セオリーを理解する
・防衛に対する意識、行動
・勝利への道筋を立てる
・行動の優先目標はなるべく動きだす前に決める
・セオリーは場合によって破る
・他プレイヤーのランクや装備から動きを想定する
・他プレイヤーを信頼し、無駄な動きを減らす

最後の「信頼する」というのはとても難しいですし、簡単ではありません。
ですがボーダーブレイクはチーム戦です。

チームでは「出来る人がやる」だけでは通用しない場合も多いため、お互いの強み弱みを補い合って戦っていきましょう!

また、初心者編でも書いたことを最後にもお伝えしたいのですが、ゲームは楽しんでこそだと思っています!
ボーダーブレイクの最後まで諦めず逆転した時のチームの一体感、達成感とか最高ですよね。

ゲームを本気でやりつつも楽しむことは忘れずに。

これがある意味で一番の上達のコツかもしれません。




最後までお読みいただきありがとうございます。今回の記事はいかがだったでしょうか。
閲覧してくださった方の新しい発見に繋がりましたら幸いです。

今後は兵装にフォーカスを当てて色々考えてみたり、武器の運用を考えたり、各マップに関する考察等できたらいいなと思っています。
執筆までまたお時間をいただきますが、今後もお付き合いいただければ幸いです。

それではまた戦場で!





この記事が良かったと思っていただけたらお気に入り登録やSNS共有、フォロー等いただけると嬉しいです。


製作者twitter : DOA_POA

おすすめ記事:
  1. 2020年03月06日 : 【BBPS4】副武器の対処法を考えてみる。
  2. 2020年02月16日 : 【BBPS4】中級者向け 上達のコツ
  3. 2020年02月10日 : 【BBPS4】初級者向け 上達のコツ
  4. 2020年02月07日 : 【BBPS4】初心者向け 紹介や設定


重量計算アセンシミュレータも公開中です。
ノックバック情報や平均装甲、SP回復速度などを自動計算して表示します。
重量計算アセンシミュレータ

コメント
お名前:
1. 2020年02月22日 21時21分 けた
自由にコメントしてください!次回記事はオススメアセンやテンプレアセンとか書きたいなと思ってます。